2010年04月21日

あいうえお

楽しいぞ。楽しいぞ。
アラビア語。

あいうえおを教えてもらっている3歳児のようだぞ。
もう、10個覚えたぞ。

まずはアリフバー28個。
新学期早々28人のクラスメイトの顔と名前を覚えるがごとく。

あいうえおに比べたら、少ない少ない。
日本語の文字はほかにカタカナもあるからな。
さらに漢字もあるんだから、何がなんだかわからんぞ。
それに比べたら、
アラビア語の文字は決して
「意味不明な記号の羅列」なんかではないのだ。


まったく文字のわからない言語を
一から覚えてみる。


あなたは覚えていますか?
ひらがなを勉強していた時のことを。

「あ」なんて、どうやって覚えたらいいんざんしょ。
「し」と「く」の区別を、
「ふ」の書き方を、あなたは外国人に教えられますか?


日本語学習者は、どういう気持ちでひらがなを練習しているのか。
絵が得意ならなんとかなるかもしれないけど。

「わかんね!こんな文字覚えられない!」

anou sumimasen, shinjuku wa douyatte ikimasuka?

これでいいじゃん。話せればいいよ。
…という気持ちになるのも仕方のない話だ。


鈴木は2歳の時ひらがなをマスターしたのだが、
母曰く、
高熱で寝ていたある日、熱にもかかわらず、むっくと起きて
ひらがな積み木で遊び始めたそうな。

漢字は3歳から始めた。
アルファベットも幼稚園の頃にはマスターしていた。
だから、文字習得の苦労がわかんない。

アラビア語を始めたのは、
日本語学習者の気持ちが知りたかったから。
きっと大変な思いをして学習するんだと。
その大変な思いを、ぜひとも体験してみたかったのだが…


わかったことは、
書けるようになると、非常にうれしい気持がするということ。


だから…
ひらがなを始めたばかりの日本語学習者も、
きっと楽しいんじゃないかしら。


もちろん、うまくいかなければつらいかもしれないけど。
確実に、間違いなく、
うまく書けた時は、うれしいのだ。
ひとつひとつ覚えていく喜び。
そして、それを喜んでくれる先生や母親がいて。


いつか鈴木が、日本語を教えるひとになったなら、
きっとこの気持ちを体験したことは役に立つ。


学ぶ者の気持ちを知っている教師は、
きっと良い教師になれると思うんだ。


…というようなことまで考えが進んで行ったけれど、
それはいつか先の話で、今の鈴木は学ぶ者であります。


学ぶとは、
実に楽しいものであります。
posted by 鈴木 at 00:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ただの日記

・肯徳基のCMで豆乳を飲む女の子。どっかで見たことあると思ったら…好恵ちゃんではないか!なつかしい!
「ときめきの上海」(2002年のNHK中国語講座スキットおよびテキスト)は、鈴木の中国語学習初期のバイブル。
ああ、ろしさんは今いずこ。

・アラビア語を始めるぞ。ゼロから始める。あっさらーむ・あれいこむ(こんにちは)以外、ほんとに何もわからない。わからんぞ。わからないまま始めてみるのだよ。
上海でアラビア語学習本を買った。25元。対応した中国語はわかるけど、アラビア語の文字がさっぱりわからんからな。予習しようがないのだよ。早く始まれ春学期。NHK講座も見ることにする。
三か月でどのくらい習得できるだろう。これは、言語習得の実験なのだ。

・中国語6、申込した学生は鈴木だけらしい。「これからは中国だ!」とか言いながら、中国語2くらいまで履修したらどいつもこいつもいなくなってしまう。中国語5も全部で三人だった。でも開講された。
しかし、さすがに一人しかいないでは、中国語6の授業はナシだな…と思っていたらどっこい
中国語専攻の主任先生が、特例で開講してくれちゃった。鈴木ひとりのために!
ほほほほ、中国語の授業がマンツーマンで週2回とは、ウレシイのだ。


・今日気がついたが、あべくんの肌色はどうしてあんなに、黒糖もっちり蒸しパンのようなのだろう。本当に日本人なのだろうか。中国の南方人か、カンボジアあたりの仏像のようである。
あべくんは、この間見かけた時はズボンをはいていなかった、
ということも今日思い出した。


・小説を書こうと思っているけれど時間がない。
ちょっとした時間に、試しに構想をねってみると、それはどうも浅田次郎か清水義範の短編小説に似ているみたい。うう。でもきっとそのうち書く。


・鈴木なのに、佐藤さんと呼びかけられた。
昔、鈴木が「山田さん」のことをうっかり「いとうさん」と呼び掛けてしまったのは、二人が隣同士に座っていたから、そして髪形が似ていたから、ということで一瞬混同してしまったためであり、単に「日本で多い名字」という理由で間違えるのとは明らかに違うのである。
鈴木と佐藤は別の生き物である。
十分に注意していただきたいと思う。



posted by 鈴木 at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。