2011年01月10日

なんでもギリギリで。

うまくいかなかったり、体調がなんだかよくなかったり
ちょっと落ち込んだりしたとき

鈴木はyoutubeでラーメンズを見ることにしていました。
何度見てもいい。彼らは天才だ。


あんまりたくさんラーメンズを見たので、
私の心の中に小林さんと片桐君が住み始めました。

「あっ、次の授業、ここじゃないよ!教室変更だって!」
「はやく言ってよね〜」


先日合格通知書が届いた「日本語教育能力検定試験」
その後自己採点してみたところ、正答率は75%ほど。
合格ラインは70%くらいだそうですから、うん、まあぎりぎりですけど
なかなか頑張ったほうでありましょう。

そして12月に受けたHSKのほうでも、合否のインターネット照会が始まりました。
HSKは新しくなったので、一番レベルの高い級が6級です。鈴木は6級を受けましたよ。

すでに日本語のほうで合格していますから、HSKがだめでもショックは少ない。
さあ、見てみましょう。

おお。
おおお。

地味に合格している。

こちらは、合格ラインは180/300点です。
鈴木の点数は…209点。

あぶね!あぶね!あぶねー!

なんでもギリギリでっ♪
合格すっるっぜっ♪


この調子で

早期卒業もギリギリで…
通りますようにっ!!


posted by 鈴木 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

大学生活をふりかえる

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はあんまり更新しませんでしたが、元気に生きている鈴木です。


鈴木の初夢は
大学のキャンパスにいる夢でした。
キャンパスがやけに巨大になっていて、迷っている、という夢。


3年前の今頃は、センター試験の勉強をしていました。
ただ、大学に行きたい!という情熱だけで、
その先のことはともかく、突っ走っておりました。

無事、大学生となり、
大学生活ではいろいろなことがありましたが
(某先生とケンカするなど)

確実に、より進化した鈴木になりました。


今、鈴木は日本語教育学を専攻しています。
もともと日本語にも興味があったのだけれど、
それを中心に勉強することを示唆してくれた知人Mさんに感謝。
そして、そこで出会った日本語教育学の素晴らしい先生方に感謝。

鈴木にこの学問はとても合っていたのです。
言語的な側面からのアプローチもさることながら、
教育・コミュニケーション・多文化共生などといった重要なテーマは
どれもすべて、今までの経験を有効に生かせるものでした。

大人になってから大学で学ぶってことの、すさまじい効率性を感じた。
学費はお安くなかったけれど、元はとれたわよ。


そんなわけで、日々の勉強が超ホットな感触だったので、
合格率20%と言われている日本語教育能力検定試験を受けてみました。

そしたらなんと、おかげさまで合格しちゃいまして、
しばらく喜びのあまりうかれておったのですが、

さてさて。
卒業したらどこに行こう??

…またもや、次の進路に悩んでおります。
ずいぶん熱心に勉強してきたので、
とっとと普通に就職しちゃうのは、もったいない気がしてきたのです。

このまま、日本語教育学で大学院に進んでみたい。
あるいは、上海に渡って、日本語教師の実践を積むか。



断事観三昧にて、今後の自分を見つめてみようと思います。

posted by 鈴木 at 16:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。