2010年04月09日

ただの日記

・肯徳基のCMで豆乳を飲む女の子。どっかで見たことあると思ったら…好恵ちゃんではないか!なつかしい!
「ときめきの上海」(2002年のNHK中国語講座スキットおよびテキスト)は、鈴木の中国語学習初期のバイブル。
ああ、ろしさんは今いずこ。

・アラビア語を始めるぞ。ゼロから始める。あっさらーむ・あれいこむ(こんにちは)以外、ほんとに何もわからない。わからんぞ。わからないまま始めてみるのだよ。
上海でアラビア語学習本を買った。25元。対応した中国語はわかるけど、アラビア語の文字がさっぱりわからんからな。予習しようがないのだよ。早く始まれ春学期。NHK講座も見ることにする。
三か月でどのくらい習得できるだろう。これは、言語習得の実験なのだ。

・中国語6、申込した学生は鈴木だけらしい。「これからは中国だ!」とか言いながら、中国語2くらいまで履修したらどいつもこいつもいなくなってしまう。中国語5も全部で三人だった。でも開講された。
しかし、さすがに一人しかいないでは、中国語6の授業はナシだな…と思っていたらどっこい
中国語専攻の主任先生が、特例で開講してくれちゃった。鈴木ひとりのために!
ほほほほ、中国語の授業がマンツーマンで週2回とは、ウレシイのだ。


・今日気がついたが、あべくんの肌色はどうしてあんなに、黒糖もっちり蒸しパンのようなのだろう。本当に日本人なのだろうか。中国の南方人か、カンボジアあたりの仏像のようである。
あべくんは、この間見かけた時はズボンをはいていなかった、
ということも今日思い出した。


・小説を書こうと思っているけれど時間がない。
ちょっとした時間に、試しに構想をねってみると、それはどうも浅田次郎か清水義範の短編小説に似ているみたい。うう。でもきっとそのうち書く。


・鈴木なのに、佐藤さんと呼びかけられた。
昔、鈴木が「山田さん」のことをうっかり「いとうさん」と呼び掛けてしまったのは、二人が隣同士に座っていたから、そして髪形が似ていたから、ということで一瞬混同してしまったためであり、単に「日本で多い名字」という理由で間違えるのとは明らかに違うのである。
鈴木と佐藤は別の生き物である。
十分に注意していただきたいと思う。



posted by 鈴木 at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
甥っ子ウドくんの名字は『鈴木』なんよ。

そんな芸人さんがいるけど、ホントの話!

だから、鈴木と同じ『鈴木』属の一員なのよ。
うふふ。

小説、楽しみにしてるダス。
Posted by ぺこぽこ at 2010年04月09日 19:26
ついしん。

あべくん。
…ズボンをはいていなかった…!?

て、てことは!!!
ぱんいち!?

Posted by ぺこぽこ at 2010年04月12日 08:59
ぺこぽこさん

はあい。
鈴木は今日、新しいクラスで自己紹介する時、若者たちがファーストネームで紹介する中
「すずきです。鈴木という名字が好きなので、鈴木と呼んでくだされ」と紹介しました。

小説はいつできるのか。
またしばらく忙殺でなあ。。。

ついしんのぺこぽこさん

うん。

休憩時間に、たまに一緒になるあべくん。
こないだ、休憩室に入ったら先に座っていたので、入っていいですかー?と聞いたら

「いいっすよー。今日はズボンはいてますんで」


はっ!そういえば、こないだははいてなかった。
あらあらあら、はずかしい

と、やっと頬をそめました。
って、鈴木、反応遅いよ!

(着替え中でズボンをはいてない状況にもかかわらず、きさくに女性に話しかけるあべくんなのであった…)
Posted by 鈴木 at 2010年04月12日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146017323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。