2014年03月20日

お風呂で断事観三昧

お久しぶりです。鈴木です。

今日は、あれこれ妄想、いえ、「断事観三昧」をするにはうってつけの場所・お風呂にて、断事観三昧をした結果からお知らせします。

  結果:忍者ハットリ君はカエルが嫌い


以下、この結論に至るまでの推移を逆戻りで書いてみよう。

ファミコン「忍者ハットリ君」で、敵を倒すと、カエルが出てくることがある。
カエルに触ると、ハットリ君がふにゃふにゃふにゃ〜となって、ゲームが終わってしまうのだ。


いつもは、カエルではなくて巻物が出る。
巻物を取ると、忍法が使えるようになる。

早く走る術・水の上を歩く術・ムササビの術、などいろいろある。

忍法は、組み合わせて使うことも可能だ。
但し、ヘンな組み合わせにしてしまうと、逆効果になることもある。
早く走る&高跳びを併用すると、もはや制御困難。
これは、何だかやけっぱちな気分の時に使用してみたい。


うまく組み合わせればよいのだ。

10と10を持ってたら、答えは100だ。
10と10と10を持ってたら、その人の価値は1000だ。
ひとつひとつは大したことなくても、掛け合わせたらどんどん値が増えるのだ。

コンピュータの知識があるAさんが、手話を勉強している。
ろう者にコンピュータを教える講師になれるではないか。

闘病経験があるBさんが、社会福祉士の勉強をしている。
つらい気持をわかってあげられるカウンセラーになれるではないか。

希少価値。

あなたは、あなたでしかできないことを。
Let it Go
嵐が吹いても、寒くない。


…本日の妄想終わり。
おやすみなさい。
posted by 鈴木 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。