2014年05月06日

ことばにつっかかる

某英語教室の広告。
「講師は全員、母国語のネイティブスピーカー」って。

母国語ってなんだよ。
母語だろ。

素人が言うならまだしも、あんたら「語学」でメシ食おうとしてんだろ。
そりゃ、広告担当は言語学なんてやってないだろうけどさ。
母語と母国が違う人なんて、世界にはごまんといるんだぞ。
国籍日本でも、英語ネイティブの人だっているんだぞ。
香港人なんて、みんな英語ペラペラだぞ。

この教室、以前の広告でも、
不要、という意味の「いりません」を、「入りません」って書いて
誤植に気付かず掲載してた。
これじゃ、生徒も「入らない」だろ〜。
(これは、しばらくして気付いたらしく、訂正されていた。)

あと、
アナと雪の女王だっけ?
「25ヶ国語バージョン」があるって知って
そりゃ、鈴木は言語フェチなんで聞きましたよ
おもしろかったよ
でも、ヶ国語ってなんだよ
25言語、だろおおお???

広東語と北京語と上海語と台湾語と他に少数民族の言語もあったよな。
台湾はともかく、それ全部「中国」1カ国だよね。
ていうか、台湾は国でいいのか?

なんで

1つの国=1つのなんとか語がある という
図式から抜け出せないのだ、わが日本国民は。

そんな調子で英語を勉強して
どこに行きたいんだ、アメリカか、イギリスか。
シンガポールに行きたい奴は、いないんだろう。
スイスに行きたい奴なんか、いないんだろう。

世界とつながる?
英語至上主義だな。権力にひざまづいてるだけだ。

その前に、日本語勉強しろっつーのっ!!
お前の日本語はめちゃめちゃだ。

アーへどが出る。
けっ。

…と、毒を吐きだしたところで。

こないだ、R1グランプリの勝者が気になって
YOU TUBEで全部見たんざんす。

レイザーラモンRGなる人が、
英語だけでネタをやってて、おもしろかったのだった。
日本人は、なんだかんだいって、英語がわかるんだな〜と妙に感心。
Oh Yes、私は英語嫌いなわけではないのだよ。決して。

発音もよかったのだった。
歌もうまいのだった。

じわじわ来る。

ネットで検索して
「あるあるネタの人」だということを知ったのだった。
英語芸人かと思ってた…

しかし、あるあるって…
全然大したこと言ってないのに、なぜか笑える。
多少ムリな歌詞でも、歌にうまくのせている。

「めっちゃこわーい〜♪」(君は1000%)

決まったッ、と思わず感嘆した。
じわじわ来る。

なぜ動画が少ないのだ。
もっと見たいんだけど。
そんなに有名じゃないのか。

1曲まるまる聞かないと、オチがわからないという
がまん力の養成にも役立つ。

レイザーラモン…おそるべし。

もっと活躍してほしい。
posted by 鈴木 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。