2008年02月14日

ものすごく三鷹。

最近、中央線の三鷹駅構内に「ディラ三鷹」というショップコーナーみたいのができました。
乗り換えの時にちょっとのぞいたりしますが、結構おいしそうなスイーツのお店が入っています。会社帰りのOLさんなんか、ついつい買っちゃうかもしれませんね。


それにしても、でら三鷹とは。

でら、とは名古屋弁における副詞であることは疑いようのない事実であり、つまりディラ三鷹とは「でら=どえらい三鷹」であり、その稀有壮大な名にふさわしいステキなショップが三鷹駅構内に軒を連ねちゃっているのである。大人気なのである。松蔵ポテトもある。そしてそんなコーナーがある三鷹駅は言うまでもなく、偉大な駅だということである。とても誇らしい事である。

…ってなことは、きっと乗降者(のうち特に名古屋人及び清水義範ファン)の誰もが思っているに違いない。口には出さないだけで。


えっとまあ、そんなわけでディラ三鷹であんちゃんが買ってきた今日のおやつ


半分食った


バレンタインういろう(チョコ味)


チョコ味が結構効いてる。ナッツが挟んである。
「むぅ…これはういろうか?鈴木はういろうといえば白かピンクで食感がももももももももってなるのがういろう」
「確かにあんまりういろうっぽくない」
「おしゃれういろう」
「このういろうは毎日は…。いつもは普通のういろうで、たまにこのういろうならいい感じ」

あんちゃん、鈴木はおやつが毎日ういろうなのはちょっといやです。


*あんちゃん情報:名古屋の画学生はフランスパンならぬういろう片手にデッサンするらしい。もちろん1本まるかじりらしい。でもパンじゃないので、うっかりそれで絵を消したりしたらわやである。

*****


そんな三鷹駅で聞こえた女子高生の会話
「へー、こんなの(ディラ三鷹)できたんだー。」
「三鷹ってー。なにげに主要駅だよねー。」

鈴木脳内:(何を今さらそんなこと言ってるのよ。三鷹は主要駅に決まってるじゃないの。三鷹は…主要駅……でしゅよう〜♪)

Σ( ̄□ ̄;)!!


こんなダジャレを思いつくキャラじゃなかったはず。
どうしたんだろう。
posted by 鈴木 at 23:15| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ういろうのチョコ味ってうんまいの?ハート型がいい感じ。いいな。いいな。
わたすはひよりちゃんに友チョコもらいますたよッ!うまかったじょー。
ディラ三鷹、駅でちょっと寄ったら甘いもの屋さんイッパーイ、そうゆうのわたすヨワイわ。クネクネ。
Posted by 青グリン at 2008年02月14日 23:55
わははは。「どえりゃー三鷹」わははは。

チョコういろう、名古屋人なら作ってもおかしくないです。とにかく食べ物に関してはチャレンジャーな土地柄ですからね。
わたくしはういろうの「もももももも」という触感が苦手なのです。ひょっとしたら、チョコういろうのほうが好みかもしれません。一度食べてみたいです。毎日はいやですが。

日常的にしょーもないだじゃれを考えてしまうという傾向、実はわたくしも最近思い当たるます(どえりゃー三鷹もう見たか?なんちて)。この傾向、どうもごまめおねーたまブログデビューのあたりから始まったような気が…。
Posted by にんじん at 2008年02月15日 17:40
WIROU

すんまへん、何となくアルファベットで書きたくなったもので。

こないだ三鷹駅に行ったけど気づかなかったなぁ(どえりゃー三鷹拝みたかったなぁ〜、なんちて)。いま無性にういろうが食べたくなってきました。ああ、どうしよう。
Posted by カブ子 at 2008年02月15日 20:37
ぐりんさん
おお、バレンタインデーに滑り込みセーフのバレンタインコメントありがとうござます。
女子は通常あげるばっかりのバレンタイン。もらうとうれしいですよねー。べっぴんさんにもらうと更にうれしい度UP☆

このういろうはしっかりしたチョコ味で、うんまいっちゃうまいんだけど、素直に絶賛しづらい、うまいのにネタにしかならない…というカワイソなういろうであった。
ハート型の部分、わたしもくりぬいて食べてみたくなったから、くりぬいて食べますた。桜味でしたよ。
「かえる抹茶ういろう」、このういろう屋なら作ってくれるかも。ぐりんさんの代理で売り込みに行こうかな?

にんにんさん
わははは。名古屋ネタでうっかり来てしまいましたね?こんにちわ。
もう鈴木は最初から「でら三鷹」だとしか思えなくて、三鷹で降りる時は脳内でよく「でら!」「でぇっらっ!」「どえっれぁっ!」と発音練習していますよ。
もうこうなったら、三鷹駅はナナちゃんもおけばいいと思う。あ、三鷹だからミミちゃんかなあ。
ダジャレ、にんじんさんもそうでしたか。うん、どう考えてもごまめさんのせいですよね。

(ごまめさん
というわけで、あなたが、いけないのです…。ろむってないでドンドン記事書いて下さいね〜)

かぶさん
にんじんやらかぶやらなにやらヘルシーなコメント欄になってます。
まあ、あの神々しいどえらい三鷹に気がつかなかったとは!なんともったいないことを!改札口から入ってきたら、右でも左でもなく前か上にありますから今度は是非見つけて、拝んでくださいね。って何を拝むんだい。
そう言えば青柳のういろうはWillow(柳)と関係あるらしいですね。
Posted by 鈴木 at 2008年02月16日 23:03
どえりゃー三鷹のういろうは、見たカンジは羊羹のようですが、よう噛んで食べないと喉につまり、もももももも えっ の ロックンロールウイロウになるます。もはや何を書いているのかワケわかるません。わたすも最近眠くて眠くて、夜のブログ徘徊をしているうちに瞼がとろ〜んとしてくるのです。睡魔に負けてスイマセン。ツエツエ蝿がいけないのです。
Posted by ごまめ at 2008年02月17日 00:20
「ウィ、ロウ」って、フランス語だか英語だかわからない言葉ですね。って、私も最初から訳わからないこと書いています。
そういえば、羊羹も、「ヨウ、カン」って会話になるわ。
この二つは見た目が似てるだけじゃなくて、こうやって会話文にもなっちゃうていう共通の特徴があるんですね。

こちらは昼間ですが、やはりツエツエ蝿がいけないのです。
Posted by minira at 2008年02月17日 23:21
ごまめさん
ほほほほ、つかまえますた!
むふ…むふふ…長屋の記事にもコメントしようと思っていたのにすっかり出遅れ結局何も書かなかったけど、でら笑ってました。止まらないごまめ節、たまらないスピード感!
そしてごく自然に身にまとった「勝負ダジャレではないあくまでも普段使いのダジャレ」が、かえってゴージャス感・センスあふれる本物のオトナの雰囲気をかもし出していました。少々意味がわかるませんが、まあそんな感じで面白かったです。
今後もよろしくおねがいいたします。まっと書いてちょうよ。ぺこり。

みにー
中国語ニュースをつけたら冒頭から「ういろ〜!」と始まってびっくりしますた。本当はwei rao で、「取り囲む」「〜をめぐって」と言う意味でした。(日本語では「囲繞(いにょう)」ですって。)
ウィ、そうさ、これはウィローなのさ、ヨーカンとは違うのさ。よう考えたらわかるやん。
ああ、だめだ。ダジャレは思いつかないよ。
しっかしツエツエ蝿はやってますねー。
Posted by 鈴木 at 2008年02月19日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84044674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。