2014年09月15日

KEK行ってきた。

つくばの、高エネルギー加速器研究機構へ行って来ました!

この日を待つこと1年…

022.JPG
フォトンファクトリーから、筑波山をのぞむ。


ディズニーランドなんか行くより絶対楽しいぞ!
ふだん見れない研究施設が惜しげもなく大公開だよ!
年に一度の御開帳!


023.JPG

しかし

電子と陽電子をビームで衝突させて、素粒子の反応を調べるのだ
と言われても、何が何だかさっぱりわからない

021.JPG


各所に待機しているスタッフ(多分研究所の博士さんたち)が
こどもたちにも楽しんでもらえるように、案内してくれる。

電子陽電子入射機のところで待機していた博士は
電子が「いる」とか「いない」とか
まるでいきものみたいに言うもんで、
あー、この人は、ほんとに電子が好きなんだな〜と思いました。

ちびっこを連れたファミリー。
理工系の、若いカップル。
KEKマニアっぽいおじさん。
なんだかわからず旦那に連れてこられたっぽい奥さん(旦那の説明に、踊りを踊ってごまかす)。
アカデミックなイベントが好きそうなおじいさん。
筑波山観光帰りっぽいおばあさん。
数学14点なのに、うきうき遊びに来た40歳女性(私)。


大賑わい。
みんな、科学が、大好きだ。


実は私たちが知っている科学的な理論では、
宇宙のうちのほんの数パーセントしかわからないらしい。

標準理論を超えた、新しい理論を見つけるのだとか。
なんだか、恐ろしいような気がする。
そんなの、見つけられるわけないような、気もする。
でも、科学者は、それを見つけたくて見つけたくて、
今日も研究しているんだろう。


★★★★★★★★★

今年は「結晶年」ということで
タンパク質の結晶やら、なんとかいう結晶やら、いろんな結晶を見ました。
ある説明パネルの前で立ち止まった鈴木。

「冷たくない氷」

おおこれは!
水のおにぎり、メタンハイドレート!

水の結晶、つまり、分子の構造が規則的に並んでるということなんですね。
籠状になった、分子構造のモデルも展示してありました。
思わず、お目目がキラキラ。


これは、おにぎりですか。



…と、そこにいた博士に聞こうと思ったが、
いくらなんでもバカっぽいので、違う質問をしてみた。

鈴木:
「メタンを取り込むと、水が結晶化しやすいということですが、
どうしてメタンが入るのですか?メタンのまわりに水が来やすいということですか?」

博士:
「籠状になっているので、いろんな分子が入り込みやすくなっています。」

ふーむ、ということはつまり、いろんな虫が入ってきちゃう虫カゴみたいなもんか〜
確かに、この構造モデル、虫が間違って入りやすそうだもんね〜

とかなんとか考えながら、気が付いた。
結晶というのは、「規則的に並んでいる」ということ…。


つまり

おにぎりは
決して、米粒が、規則的に並んでいやしない、ということを。


ああ。なんということだ。
メタンハイドレートは、水のおにぎりではないのか…


きっと、過去の偉大な科学者もこうして、
自分の考えた理論を、捨てなければならない時が、
あったのであろう。

★★★★★★★★★★

理系じゃないあなたにも、楽しく科学がわかるマンガ「カソクキッズ」

鈴木はこれで科学がおもろくなりました。
読んでみてね!
posted by 鈴木 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

日本語力

同じ職場のLさんは、
鈴木の天然を理解できる逸材だ。

中国人だが、高度な日本語力を持っている。

ある日、何人かで休憩時間に
「くじらもだめ、そのうちまぐろもだめ、…となったら
困る!私はまぐろの刺身が大好き!」

という話題で話していたとき。

Lさん
「わたしはスシ依存症じゃないので大丈夫〜♪」

鈴木
「まぐろがだめなら、うなぎを食べればいいじゃない」

みんな
「???」

鈴木
「…とかなんとか言った、お姫様がいましたね〜、昔。(ひひひ)」

みんな
「?」

Lさん
「あっ、フランスのー!(笑)」



ウルトラクイズなら、Lさんが決勝進出だ。

たのもしい。

posted by 鈴木 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

それから、うしに関して

ステーキが売りの飲み屋。
私は、「うしの店」と呼んでいる。

数年ぶりに再会した友人達との飲み会で、
リクエストしたおつまみは
「うしチーズ!」

ファミレスの、ステーキフェア。
メニューの、おいしそうなお肉の写真ではなく、
牧場に草をはむ、牛の写真にのどかな興奮。

かれこれ、2か月以上は、
うしのにくを食べていない。

積極的に食べる気がしない。



…あったら食べるけど。



昨日は、日本語授業の教案を作っていたが、

ぎせい という漢字が書けなくて、
牲はなんとか書けたけど、ぎは、儀だっけ?
とパソコンで調べたら、

あら、ぎもせいも牛へん★

「ろうやに入る」(中国語の zuo lao)も、ろうが書けなくて、
坐と、うかんむりまでは書けたけど、中なんだっけ。
辞書を開いたら、

あら、うかんむりの中は牛★


うしエネルギー、まだまだ燃焼中。
posted by 鈴木 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

牛と武士

最近なぜか、牛が気になる。

前々から行ってみたいと思っていた、
我が家から一番近い牛スポット
「磯沼牧場」へ、牛に会いに行くことにした。

昨晩、レキシの「キラキラ武士」PVと出会ってしまい、
そのテンションで板尾まで行ってしまったため、
早起きする予定だったのに、目が覚めたら11時半。

めげずに出発し、
13時半頃、最寄駅の山田駅に着いた。

うーしっっ♪
うーしっっ♪

…脳内に流れ出すメロディ。

“キラキラ武士 featuring 牛”  
  
  キラキラうーしっっ♪ 牛♪ 牛♪
  あなたが好ーきっ♪ 好きっ♪ うっしぃぃ〜♪

ネットで調べたとおり、コンビニと寿司屋が見えてきた。
その間の道を入ると…

  キラキラうーしっ♪ 寿司っ♪ 寿司っ♪
  タバコも吸うしっ♪ 寿司っ♪ 牛♪

005.JPG

看板発見〜
ほんとに畑の中の道だ〜

  畑の道♪ 畑の道♪ ずーっと下って〜♪
  かすかにする 牛の香り♪

牛発見.JPG

 牛 in the sky〜♪

007.JPG

  あなたは牛♪ 牛♪ 牛♪
  あなたが好ーきっ♪ 好き♪ 鈴木〜♪

009.JPG

牛いっぱ〜い(^−^)
しかし、牛って、でっかいな…

草食って水飲んでおしっこして寝てるだけ…
でも、カワイイ…
私は、なぜに、こんなに牛が、愛しいのか?
手を牛の鼻先に近づけ、交流を試みる。

(こんにちわ〜★)
(あんた誰やねん、ふがふが、草もぐもぐ〜、ふがふが、あんた誰やねん。)

So Cute!!
  
牛に会えて満足した鈴木は、
帰りに八王子駅セレオの「磯沼牧場」で
珈琲フロートを食べて帰りました。

また行こう〜っと。
posted by 鈴木 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

ことばにつっかかる

某英語教室の広告。
「講師は全員、母国語のネイティブスピーカー」って。

母国語ってなんだよ。
母語だろ。

素人が言うならまだしも、あんたら「語学」でメシ食おうとしてんだろ。
そりゃ、広告担当は言語学なんてやってないだろうけどさ。
母語と母国が違う人なんて、世界にはごまんといるんだぞ。
国籍日本でも、英語ネイティブの人だっているんだぞ。
香港人なんて、みんな英語ペラペラだぞ。

この教室、以前の広告でも、
不要、という意味の「いりません」を、「入りません」って書いて
誤植に気付かず掲載してた。
これじゃ、生徒も「入らない」だろ〜。
(これは、しばらくして気付いたらしく、訂正されていた。)

あと、
アナと雪の女王だっけ?
「25ヶ国語バージョン」があるって知って
そりゃ、鈴木は言語フェチなんで聞きましたよ
おもしろかったよ
でも、ヶ国語ってなんだよ
25言語、だろおおお???

広東語と北京語と上海語と台湾語と他に少数民族の言語もあったよな。
台湾はともかく、それ全部「中国」1カ国だよね。
ていうか、台湾は国でいいのか?

なんで

1つの国=1つのなんとか語がある という
図式から抜け出せないのだ、わが日本国民は。

そんな調子で英語を勉強して
どこに行きたいんだ、アメリカか、イギリスか。
シンガポールに行きたい奴は、いないんだろう。
スイスに行きたい奴なんか、いないんだろう。

世界とつながる?
英語至上主義だな。権力にひざまづいてるだけだ。

その前に、日本語勉強しろっつーのっ!!
お前の日本語はめちゃめちゃだ。

アーへどが出る。
けっ。

…と、毒を吐きだしたところで。

こないだ、R1グランプリの勝者が気になって
YOU TUBEで全部見たんざんす。

レイザーラモンRGなる人が、
英語だけでネタをやってて、おもしろかったのだった。
日本人は、なんだかんだいって、英語がわかるんだな〜と妙に感心。
Oh Yes、私は英語嫌いなわけではないのだよ。決して。

発音もよかったのだった。
歌もうまいのだった。

じわじわ来る。

ネットで検索して
「あるあるネタの人」だということを知ったのだった。
英語芸人かと思ってた…

しかし、あるあるって…
全然大したこと言ってないのに、なぜか笑える。
多少ムリな歌詞でも、歌にうまくのせている。

「めっちゃこわーい〜♪」(君は1000%)

決まったッ、と思わず感嘆した。
じわじわ来る。

なぜ動画が少ないのだ。
もっと見たいんだけど。
そんなに有名じゃないのか。

1曲まるまる聞かないと、オチがわからないという
がまん力の養成にも役立つ。

レイザーラモン…おそるべし。

もっと活躍してほしい。
posted by 鈴木 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

お風呂で断事観三昧

お久しぶりです。鈴木です。

今日は、あれこれ妄想、いえ、「断事観三昧」をするにはうってつけの場所・お風呂にて、断事観三昧をした結果からお知らせします。

  結果:忍者ハットリ君はカエルが嫌い


以下、この結論に至るまでの推移を逆戻りで書いてみよう。

ファミコン「忍者ハットリ君」で、敵を倒すと、カエルが出てくることがある。
カエルに触ると、ハットリ君がふにゃふにゃふにゃ〜となって、ゲームが終わってしまうのだ。


いつもは、カエルではなくて巻物が出る。
巻物を取ると、忍法が使えるようになる。

早く走る術・水の上を歩く術・ムササビの術、などいろいろある。

忍法は、組み合わせて使うことも可能だ。
但し、ヘンな組み合わせにしてしまうと、逆効果になることもある。
早く走る&高跳びを併用すると、もはや制御困難。
これは、何だかやけっぱちな気分の時に使用してみたい。


うまく組み合わせればよいのだ。

10と10を持ってたら、答えは100だ。
10と10と10を持ってたら、その人の価値は1000だ。
ひとつひとつは大したことなくても、掛け合わせたらどんどん値が増えるのだ。

コンピュータの知識があるAさんが、手話を勉強している。
ろう者にコンピュータを教える講師になれるではないか。

闘病経験があるBさんが、社会福祉士の勉強をしている。
つらい気持をわかってあげられるカウンセラーになれるではないか。

希少価値。

あなたは、あなたでしかできないことを。
Let it Go
嵐が吹いても、寒くない。


…本日の妄想終わり。
おやすみなさい。
posted by 鈴木 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

水のおにぎり

最近、とある事情から、
「エネルギー」関連について勉強していました。
…夏休みの小学生の自由研究レベルですが。

石油や石炭、天然ガス。原子力発電。
それから、太陽光、風力、水力などなど。

石油は「あと30年分しかない」なんてよく言われてますよね。
資源の枯渇に加えて、Co2排出の問題。
また、石油が採れる地域でひとたび紛争が起これば、
石油が入ってこなくなるかもしれません。

日本のエネルギー自給率は低いのです。
そこで、石油に依存しない新エネルギーの研究開発が近年、進んできたわけですね。

それでね。
このサイトで勉強してたところ、こういうのがありました。

ガスの分子を包みこんだカゴのような水の結晶構造を「ハイドレート」と言います。メタンの分子を閉じこめたものを「メタンハイドレート」といい、見た目は白いゼリーや湿った雪のように見えます。「メタンハイドレート」は深い海の底やシベリアの凍土の下など低温・高圧の環境で作られ、未来のエネルギーとして期待され、これを開発・利用する研究が始まっています。
(上記リンク「新・?を!にするエネルギー講座」より)

写真がないので、どういうものか、想像した。

まんなかにメタン。その周りに、水がいっぱいくっついてる。
そして、白っぽいゼリーのように見えると…
つまり…これは…

おにぎりか。
具がメタン。

水のおにぎり!
水のおにぎり!

と、連呼しているうち、なんだかメタンハイドレートが好きになって、
そのほかのサイトでも調べたところ、
残念、おにぎりではなく、「燃える氷」と呼ばれているそうな…

おにぎりじゃないのか…

でも、きっとメタンハイドレートはおにぎりなんだと思う。
鈴木の中では、おにぎりだ。
ゆるぎない。

海底にたくさん埋まってるらしいけど。
うまくつかえるといいのにな〜。

かくして、小学生のように想像力と好奇心に満ちた鈴木は、もうひとつ思いついたのであった。

もしかして…
あの一味が探している宝物って…
メタンハイドレートなんじゃないかしら…

ははは。
ひとつなぎのメタンハイドレート!
未来の地球に、新エネルギーを供給だ!!
posted by 鈴木 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

夏休みの観察

1日だけ、実家に遊びに行ってました。

おじいのお墓参りをして、
さて帰ろうとしたその時に、
お母ちゃんのダンナさんが見つけました。

005.JPG

出てきてます!出てきてます!
観察することわずか3分で…

006.JPG

出た〜!

007.JPG


飛んでいくまで観察したかったけど
ダンナさんによると、この青い羽根が乾くには
このあと何時間もかかるんだって。

楽しかったな〜
posted by 鈴木 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

アフレコカラオケ。

最近耳が痛いので、
歌をうたっていない。

歌わないカラオケはどうだろうと思いついた。

たとえば、
ラーメンズの「片桐教習所」。
もちろん、片桐仁。

あ、あ、ワンツー、ワンツー。もしもーし。聞こえますか〜。
聞こえたら〜?半端な顔してもらえますぅ?


デヘ(小林)

鈴木は片桐教習所、100回くらい見たので
うまくできるはずだ。

見ている人には、ふつーにラーメンズのコントなので、
見ているだけでも楽しめるだろう。

ワンピースなら、ビビ王女の演説シーンだろうか。

「もう一度、仲間とよんでもらえますか!」

ビビ役になりきれ。号泣だ。
そんでもって、見てる人は、腕にバッテン書いて、左手を上げる。

うおお。

…検索したら、アフレコのカラオケはやっぱりあるらしいね〜
でもガンダムとかだ…


ラーメンズを入れてほしいな〜。
posted by 鈴木 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

おかゆと麦飯

10年まえくらいに会社の先輩から借りて読んだ「橋のない川」。
その当時の鈴木には、よくわからず、ほとんど飛ばし読みで先輩に返却。

でも、1巻は面白かったから、1巻だけは自分で買ったのだった。

今年の正月頃、何となく、本棚にあったその1巻を読んでみたところ、
なんだこれは、権力との闘いの話ではないか!!
わかる!わかるぞう!!

面白くて、おもしろくて、結局全巻購入。
読み終わってからも、毎日読み返している。
小森に家族ができたような感じだろうか。

それで、毎日小森に遊びに行っているうち、だんだんと、おかゆが食べたくなってきた。

小森の人たちは貧乏なのでおかゆを食べているのだが、
それがおいしそうに見えて仕方ない。

炊飯器におかゆボタンがあると気がついた。
おかゆボタンを押してみた。

おかゆができた。

う、うまい…

しばらく鈴木の夕食はおかゆであった。
寒い日には最高のごちそうだった。おかゆが食べたくて帰路を急いだ。
おかずは中国風だったりするのだが…

田んぼを作っている人に大いなる敬意と感謝の気持ちを伝えたい。
そんな春だった。

そして今日、なぜか突然
脚気になった誠太郎が食べていた「麦飯」を食べたくなった。
もそもそして飲みこみづらいという麦飯。黒っぽいという麦飯。
なんだかおいしそう。

さっそくスーパーで「押麦」を購入。
「米の量の5分の1」と書いてあるが、適当に投入。

炊けた。
ふたをあけると…んー、黒くはない。

う、うまい…

2食めの麦飯は、時間がたったので若干茶色っぽくなってきた。
食感も、もそもそしてきた。
でも、うまい…
麦だけをつまんでかみしめる。

こんなにうまいということは、
鈴木は胃が弱っていて、ビタミンBが不足していたのかもしれない。
夕食は、当分の間、麦飯だ。

できることなら、
そらまめも、なんばも、なすも、いんげんも、かぼちゃも、
畑中さんちにおじゃまして、一緒によばれてみたい。

きっと、おいしいんだろうなあ。
posted by 鈴木 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

東北、東北、東北

早く、道をあけなさい。足りないものを届けてあげてよ。
雪降んな!今すぐ暖かくなりなさい!

これ以上みんなを心配させないで!



東北、どうか、お願い。

posted by 鈴木 at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

腹おどり

ベリーダンスを始めることにした。


一時間レッスンを受けただけなのに、
翌日筋肉痛。
翌々日、さらに筋肉痛。

ああ、根性無しの我が身体。


目標はかっこいいダンサーになることではなく、
きれいな衣装を着て発表会をすることでもなく、
身体表現のできる身体の基礎を作ることである。

でも、
基礎を作ることができれば、
結果として、踊れる身体になっているであろう。


空間の中で自分がどの位置にあるのか、
自分の体の位置の管理が出来ている人は
立ち振る舞いがうつくしい。
鈴木は凛としているひとが好きなのだ。

そういうひとは、たとえば普段歩いているときでも、
ちょっと違う。
満員電車に乗る時も、ほかのひとにバタンバタンぶつからない。
混んでる車内で、ひじを急激に後ろにつきだすのやめてほしい。
後ろにいる鈴木のみぞおち、あわや直撃だっつーの!
自分の位置を把握してほしいのだよ。

そんなようなことをいつも考えていて、
それに加えて、
鈴木は踊りをおどる殿方に弱い、ということも思い出し、

これはひとつ
MI理論でいうところの、
身体表現能力を自らも高めてみようではないの、
と、思ったわけ。



さて、レッスンを始めて気がついたのは
自分の体形がほかのひとと違う。

まずは、向かうところ敵なしと言えるほどの
いかり肩。

それから、腰の位置が高すぎる。
スパッツにヒップスカーフを巻くと、
キャッツアイみたいである。
っていうか、キャッツアイ。

あのね、足が長いんじゃないの。
胴が短いの。

キャッツアイ選手権なら上位を狙えるが、
ベリーダンスは腰が命。
鏡に映る自分の体形が、へんてこりんに見えてしかたない。


早い話が、
くびれるひまもなくけつになってるということで…


ああ、
くびれたい!!



たぶん、原因はあれだ。
中学生のころ、ごはん食べなくて、
やせちゃった時がありまして、
それで、身長も伸びなくなりまして、

本来は、
これから上半身が成長するところだったんだろうなあ。


いいですか、全国の小中学生。
ごはんはたべましょう。
体育の時間もさぼってはいけません。


今になって後悔しても
もう鈴木の身長(上半身)は伸びないので、
工夫と努力しかありません。


めざせ、へその出せるアラフォー。

posted by 鈴木 at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

マキさん

浅川マキが死んだ。


名古屋公演の最中に。


また、渋谷さんの好きな人がひとりいなくなってしまった。



あんたは浅川マキに似ているねと
昔、あるひとに言われた。
見せてくれた、ルピリエのちらし。
あら、ほんとだわ、と思った。

そのときの情景は、私の大事な思い出。
この人生の中でも、3番目以内には入る。

そのひとも、もうこの世にはいなくて、
でも、今でも鈴木はそのひとのことが大好きで、
新宿に行ったら必ず思い出す。


だから、


悲しいわけではないのだけれど、

なんだか、どうしていいのかわからないような
気分です。


とにかく、


マキさん、ありがとう。
posted by 鈴木 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

みうらさんのこと

またずいぶんご無沙汰してしまいました。
鈴木です。こんにちわ。

国民栄誉賞よりも栄誉のある賞。
それは、みうらじゅん賞です。


同居人のあんちゃんはみうらさんが大好きです。
つきあってもいい。と、断言しています。
時々思い出しては、「ああ…かっこいい!」と、叫んでいます。
みうらじゅん賞をゲットするにはどうしたらよいのか悩んでいます。
ロックかロックじゃないかで議論して、前歯も折れる始末。


そんなあんちゃんが、


みうらじゅんDSイベント、当てました。


えー、DSとは、「どーかしてる」という意味です。
MJの(注・みうらじゅんのこと)DT期の(注・童貞のこと)DSな詩集や歌の数々を鑑賞する。
詩は、羽佐間道夫と野沢雅子が朗読するんです。

ええ、それはそれはファンタスティックなイベントです。
なんと、鈴木も連れてってもらえることになりました。


受付開始時間ぴったりににパルコ劇場について、整理券をもらうと
Yの7と書いてあります。

あん「ああ…Yじゃ、すごく後ろだよね…」
鈴木「いやいやわからんぞ。円形の劇場で、ぐるっとABC順かもしれないじゃないか。」
あん「そうかなあ」
鈴木「あっ。もしかして、Xから始まる席順かもよ?」

鈴木はあんちゃんを元気づけるために言ったのに、

なんと本当に座席はXから始まっていた!!

なんでわかったんやろう。エスパーだ鈴木は。
前から2列目!しかもなぜだか知らないが1列目は空席!
叫べば届くぞあんちゃん!さあ、熱い思いを込めて、「じゅーん!!」呼ぶんだ!
(叫ばなかった)


15年前、吉祥寺できちかいと言われて以来
みうらめ
と思っていた鈴木ですが、最近では、素直に思います。

みうらさんは話し方が素晴らしい。
的がずれてません。
論理的に話します。
よく考えています。
落ち着いて、ゆっくりと話します。
わかりやすいのです。
今度の金八先生は、みうらさんがやればいいと思う。


少女小説・愛するって何なの?
朗読・野沢雅子

一番感動したのはこれですかね。やっぱり。
おなかがよじれて痛いのなんのって。
泣きながら鑑賞しました。


それから、映画「色即ぜねれいしょん」の予告(みうら本人出演バージョン)もよかった。
鈴木が「ひどい…」と言ったのは、みうらさんの全然飛べてないジャンプがマジかっこよくて、感動したからです。
本当です。


その週末、みうらファン度を高めた私たちは、またもやみうらさんに会いに行きました。

吉祥寺バウスシアター。映画公開初日、舞台挨拶。
今度は前から2列目とはいかなかったけど、よく見えました。
見てて思ったのは、みーんな、すごく、
いいひとのオーラが出てたこと。


映画もすごくよかった。超さわやかな青春映画でした。(みうらさんの話なのに)
主役の子、マジでうまかったわ。ほかの役者もみんなよかった。
堀ちえみは、ルナさんに見えて仕方なかった。

というわけで、みなさんもどうぞ見てくださいね(はあと)


なぜこんなところで宣伝しているかといいますと、
鈴木もみうらじゅん賞がほしいからです。



あんちゃんと鈴木は
この願いをいつかかなえたいと思っています。
願いはかなうさ。ドリーム・カムズ・トゥルー。

何か有力な情報をお持ちの方、いらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。


以上、みうらさんのことでした。


posted by 鈴木 at 23:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

春だった。

あっらー、もう何この部屋!
窓開けて!げほげほ

いつからほったらかしなん?え?冬?
今まで何してたん?
修行に、行っていた?
ほんまかいな。

お寺の梅が満開だったのよ。うん、そこのね。
梅もいいものね。
それにしても、ずいぶん長いこと咲いてたわ。

うん、桜が咲くまで咲いとったぞ。
それにしてもあの木、ずいぶんでかくなったな。
俺がここに来たときはもっと小さい木だったぞ。

ずいぶん留守にしていたんですね。
緑道の桜は見ました?ああそう、それはよかった。
わたしはどうも昔のことを思い出しますよ。
毎年桜の花の季節になるとね。
思い出すんですよ。

であなた、またちょくちょく来ますの?
え、わからない。

来なさいよ、そんなこと言わずに。
忙しいって?忙しくてもなんでもさあ。
時々来りゃいいんだよ。ほら、葉っぱのかっぱのお宅あるだろ、あそこも1カ月に1度は必ずいらっしゃるそうだよ。
忙しいだろうになあ。そんなふうは全然見せないみたいで。
明るいひとだよ。いいひとだな。

あんたもいろいろあるだろうけど、体には気をつけてさ、そうだよ。
ああ、ああ、考えすぎない考えすぎない!
先のことはなんとかなるもんだって。本当だよ。
今はどう、うん、なら結構だ、じゃあそんなわけで、頑張れよ。
あそうだ、あんた東京物語見たことないって言ってたね。
貸してあげるよ。DVD。見れるだろ?うん。
まあ、たまにはゆっくりするのもいいもんだよ。

返すのはいつでもいいよ。
うん、じゃあそういうことで。またな。


喫煙所の桜のはなびらは舞って、舞って、
今ではもう葉っぱになってきました。
わたしもまた、新しい季節を、
すごしています。

時々になると思うけど、また来ます。
どうぞ、よろしく。

春、です。
posted by 鈴木 at 20:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ある日ののんびり。

とこぴょん、ごろごろ中。

でろーんはっ。



べろーん・・・はっ。


何なのにゃ!
俺のことは、きょうみないっつーことかにゃ!
あいつばっかり・・・あいつばっかり・・・

すねちゃう


ん。
撮るのかにゃ?

・・・むふふ。

その角度はなかなかよい選択ではないかにゃ。
われながらおとこまえですにゃ

今度はもう少しこっちの角度からも・・・




どこ行くにゃ!!
終わりか!


鈴木さんは台所におやつを食べに行ってしまいました。
きよ、め!もち。
め、にアクセントを置いて発音しますのが正しい食べ方ですのにゃ。

posted by 鈴木 at 01:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

冷え冷え選手権。

今日の東京は異常に暑かったですね。

寒色系のシャツを着ると、実際に体感温度が下がるそうですね。
やはりこんな季節は、涼しげな色を目にしたいものです。

というわけで断事観三昧も水色にしてみました。期間限定です。
どっかでみたことあるスキンですね。

せめて字面だけでも冷やしていきましょう。
冷え冷えブログ。


水風呂に入ります。
かき氷、みぞれ、シャクシャクシャクー!
冷凍庫の中身を確認するふりをして、顔をつっこみます。

真冬の阿寒湖氷点下40度!
吹雪の中、目を開けていられません。
白いスリップ1枚で、雪の中に倒れます。

寒いよう


夜中にサラサラと、不気味な音がします。
闇の中、あなたは目を覚まします。クーラーがつきっぱなしです。
サラサラ・・・。
窓が開いています。いったいいつのまに・・・

そーっと窓の外を見てみると・・・



ギャアアアア!



氷川きよしが打ち水をしてくれている!



☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆

あなたも冷え冷え選手権に参加しませんか?
思わずさむーくなるコメントを書いて、部屋の温度を一気に下げましょう!

*「寒い」という言葉は禁止
ということ以外は、特に規定はありません。

みなさまの寒いコメントをお待ちしております。

posted by 鈴木 at 02:00| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

6月の思い出

あじさいさん

ずっと好きだったあのひとに、やっと会えたの。
突然だったわ。
まさか、お会いできるなんて思ってもいなかった。
もしかしたら、もう生きていないかもしれない・・・と思っていたのですもの。。。


そのひとは、1991年、鈴木が初めて中国語でも勉強しようかと思った頃、NHK中国語会話に出ていた先生。


榎本先生ラブ


その上品で知的で落ち着いた話し方に、ときめいた10代の鈴木。
ええ、もちろん先生はすでに50代後半くらいでしたけど。
鈴木は昔からオヤジ好きなんで、これくらいが適正なのです。


髪の毛はすっかり白くなられていましたが、相変わらず上品で知的なたたずまい。ああ、なんて素敵なの!

このチャンスをのがしてはいけないわ。
今こそ、この、思いを!!


公衆の面前で。
ステージ上で。
マイクを通して。

「大好きです!!!(はあと)」 ←またかよ。


告白しました。
一体どーいうシチュエーションなのかって?
うふ。


それは、今週のNHK「テレビで中国語」を見るよろし。
榎本先生も映っています。


写真も撮ったし。お話もしたし。
「鈴木さん」と呼んでもらえたわ。。。
いよいよ時間が来て、お別れの時には
握手をしていただいたわ。

またいつか、生きているうちに・・・お会いできるのかしら・・・
そんなふうに目を潤ませながら、みつめたわ。
先生にも、その思いが伝わったようだったわ。
黙って、頷くように、先生は微笑んだわ。

ああ、さようなら・・・
きっとまた、いつか・・・どこかで・・・

********

この方にも会えました。

アドゴニーさん

「ノーメイクだけど、ゴメンネ〜♪」byアド

中国語がぺらぺらのアフリカ人、アドゴニーさん。
聡明で、明るくて、おしゃべりで、とてもステキなひとでした。

posted by 鈴木 at 22:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

夏の食生活。

夏だ。アイスがうまい。
ふだんはチョコレート系のアイスしか食べないんだけど・・・

買ってみました。
かっぱのお部屋で夜な夜な消費されているというアレ。

ガツンと。

ガツみか。

おお、思ったよりウマイでし!
うーい、もう1本!がしがしがし。

さわやかなみかん味が、夏の昼下がりの扇風機と合うわー。
・・・あれ、この味・・・初めてなのに懐かしい・・・

あっ!
わかった!!




冷凍みかんだーー!!!



やるな、赤城・・・


*******************
【夏にピッタリ!からいそうめん】

暑い日が続くと、食欲も落ちてしまいがちですね。
特に残業続きでお疲れのアナタ!
やっと帰宅して、あーもう23時?こんな時間から何を食べよう・・・でもダイエットでちょうどいいしやめとこうか・・・でも体力勝負だし食べなきゃな・・・・・・作るのめんどいな・・・あっアイス食おう。・・・・・・やっぱ足りない・・・確か戸棚にUFOあったな・・・・・・

なんていうときにオススメのこの一品。


材料:そうめん1束(50g)、ラー油、おろし生姜、粉末中華だし、塩
   ゆで枝豆、もやし、オクラ

作り方:1、もやしとオクラを軽くゆでておきます。
    2、枝豆、1、ラー油、生姜、中華だし、塩を入れてあえます。
    3、そうめんをゆでます。いぼのいとがオススメ。
    4、そうめんに2をまぜて、出来上がり♪

からいそうめん。    


具は冷蔵庫にあるラー油に合いそうなものなら何でもいいですね。
鈴木はラー油多めにあえますが、味付けもお好みで。

今回は枝豆とオクラが冷蔵庫にあったため、生姜も足してちゃんと作ってみましたが、実は具なし・ラー油&塩少々だけでも結構ウマーイです。
ももやのメンマ「やわらぎ」があれば、それを投入するだけ、ってのも超カンタン&めちゃうま♪です。

そうめんは1束50gで180カロリー位。
上記のそうめんは大体250カロリーってとこですね。


からいもの好きな方はお試しあれ。

posted by 鈴木 at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

主食伝説。

そばめし。
うどん&いなりセット。
世の中には、主食×主食という献立が存在する。

かつてNHK中国語講座に出ていたろし小姐が、ある時言っていた。
「日本に来ておどろいたこと・・・中華料理の店で、ラーメンと炒飯と餃子がセットになってるのあるでしょ?・・・あれ、全部主食でしょ?」

ラーメン&炒飯はもちろん、中国人にとっては餃子も主食。
主食×主食×主食。
これはまさしく主食の宝石箱や〜。←誰。


鈴木は台湾系の家に育ったからか、餃子の時しろめしは食べない。
基本的に「米飯×粉モノ」はダメだ。
おこのみ&ごはんも納得いかないのだ。

**********

そんな鈴木には、忘れられない思い出がある。
バイト先の厨房で働いていたヒロシ君。
ある日、彼が自分で作って食べていたまかないは・・・

「・・・あのう、炒飯をおかずに・・・しろめしですか?」
鈴木(当時15歳)は、びっくりして思わず聞いた。
この表現を知っていたのなら、脳内はΣ( ̄□ ̄;)!!と変換しただろう。
しかしヒロシ君はぽかんとしたような顔でこう言った。
「そうだけど、何か?」
まるで、おぎやはぎ級の心外さだった。

**********

今日は、あるイベントでNHK中国語講座のローラ・チャンの話を聞いた。司会者がローラに質問した。

「日本に来て、驚いた事は何かありますか?」

彼女もまた、ろしさんと同じ事を言った。
「日本に来ておどろいたのはー。中華料理の店でおじいさんが。餃子食べる時ごはんもたべるの。ローラはそれをみたとき、貧乏なのかなって思ったよ!」
ちょっとたどたどしい日本語の、かわいいローラに場内は爆笑。
曰く「驚いたけど今では、ローラもたべるよ。オイシイ!」だそうなんだけど・・・。
やっぱり主食×主食、というのは中国人には奇異に映るようだ。
*あれ?でもお粥&油条は一緒に食べてるよね??中国人。


イベントの後おこなわれた立食パーティで。
新たなる主食の組み合わせを、鈴木は見た。


鈴「・・・高くん?・・・それ・・・ちょっと間違ってるんじゃ?」
高「え?なにがですか??」
鈴「そのお皿サンドイッチと炒飯じゃん!どっちも主食じゃん!」
高「いやこれはオイシイって言われたからたまたま取っただけであって・・・」

山盛りの炒飯。白いサンドイッチ。
ああ、よみがえる・・・
炒飯&しろめしをおいしそうに食べていた18年前のヒロシ君。


その後参加者たちのおしゃべりに合流した時、鈴木はネタとして、さっきのことを話してみた。
鈴「このひとはさっきサンドイッチと炒飯を・・・」
高「だからあれは・・・」
青年「さっきローラも言ってたねー。餃子とごはんと・・・」
鈴「そうそう知り合いに、しろめしに炒飯ていう人がいてね・・・」
青年「ああ。それ俺も食べますよ。」
鈴「ええー!だってどっちもメシよ??」

横にいた女の子も「それはヘン!」と言ったのに、青年は続けた。

青年「あと俺、中国行った時みんなでごはん食べたんですけどその時、左手で炒飯、右手でラーメン食べて、その合間に水餃子食べましたよ。水餃子はすべるから、(炒飯を食べた左手に持っている)スプーンと箸でつまむんです!」
鈴「おお、なるほどそうやって!合理的ですね!!」

・・・いや、何うっかり感心してんだ自分。
だからそれは全部主食だっつってんの!!
大体せっかく中国に行ったのに何でそんな献立食ってるんだ!!

おかず食え!!


**********

M○Cの「グラタンコロッケバーガー」だってそうだ。

マカロニ=小麦粉
ホワイトソース=小麦粉
パン=小麦粉
コロッケ=パン粉=小麦粉

つまり小麦粉をおかずに小麦粉を食べる。
ありえない・・・




・・・と、ここまで書いて気がついた。



鈴木、ドリア好きだった。。。

posted by 鈴木 at 00:41| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。