2016年03月13日

あらためて、チベット旅行記

ずいぶん久しぶりだが、きまぐれ的に、UPしてみる。

このブログのタイトルにも使わせていただいている「断事観三昧」は、
もともと、河口慧海の「チベット旅行記」の中に出てくる、必殺技(?)である。

さてさて、
「チベット旅行記」(白水ブックス)。
私は今でも時々、ごはんを食べながら読むのであるが、
そのたびに、またあらためて、思うことはたくさんある。

この大冒険のゆるぎないモチベーションとなっているのは
もちろん彼の、仏教に対する厚い信仰心と信念にほかならないのだが、

とにかく、この旅行記は「河口慧海の大冒険」であり、
読む者にとっては、
抱腹絶倒、スリル満点の、一大スペクタクルなのである。

特に、ラサを脱出して5つの関門を走り抜けてゆくシーンと言ったら…
手に汗にぎる大興奮のクライマックスである。

RPGにしたら、すごく面白そうである。


(ドラクエWをクリアしたあとの、暗い雲海のような画面に
 浮かび上がるタイトル…「チベット旅行記」…バックには
 ヒマラヤの壮大な山々…巻き起こる雷雲…)

「えかい:ほんとうのぶってんをてにいれぬことには、まことのおしえがわからぬ。」
「えかい:ぜひとも、ちべっとにいかねばならない。」


「だあわ:わたしとけっこんすれば、よいせいかつができます。」
どうしますか? はなしをきく せっきょうする ことわる

えかいはなぐられた!
えかいはふてくされて、そのままねころんだ。

ひつじがにげた!
どうしますか? おいかける ほっておく

「えかい:なるほど・・・おいかけるからひつじはにげる。」
「えかい:これはまったくわたしがばかであった。」

ひつじはかえってきた!


ごうとうがあらわれた!
どうしますか? たたかう せっきょうする むしする

「しゃか:おお、えかいよ!しんでしまうとはなにごとじゃ!」



私の妄想では、すべて、ファミコン版である。
posted by 鈴木 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 断事観三昧とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

帰ってきた断事観三昧。

久しぶりに部屋の掃除をしに来たら、ブログの設定の画面が変わっててもう何がなんやら…
でもちょっとずつ掃除して、また再開しようと思います。断事観三昧。

大学は卒業して、早1年。
いろんな技術や知識を身につけて…鈴木は今何をしてるかというと
手話の勉強をしながら、派遣バイト2つかけもちで日々を暮らしています。

それで、もう一か所学校に行こうと思ってる。
一生学費貧乏の予感。


ブログをやりたい時って、
何かを話したい時だ。

最近出会った某ブログの主、AZUさん。
時に危なっかしい。ハラハラしながらも、目を離せない。
自分と闘いながら、深く深く自分の心にもぐっていって、沈まず、浮かび上がってくる人。
「世界中さがせば、いるんだな。自分とおんなじような生き物。」

この人と話したいな。毎日読んでるうちに思いがつのって、
鈴木、思わず、昔ならした「あのHN」で参入。(笑)

コメント欄に文章を残すと、返事がくる。
ああ、昔の、「あのHN」時代の、楽しかった、冴えわたる文章応戦が、よみがえるよみがえる。

それで、断事観三昧も火入れしとこかな、思いました。
それになんだか、これから話したいことがたくさん出てくる予感。予感。予感。


NEW断事観三昧、よろしくお願いいたします。

鈴木。
posted by 鈴木 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 断事観三昧とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

新・断事観三昧

012.JPG

毎日蒸し暑いですね。皆様お元気ですか。

ついこないだ記事書いたと思ったら
もう2か月もたっておったね。
忙しかったらしい。


思い返せば受験生の心のつぶやきと乙女の妄想をつぶつぶと語るブログであった断事観三昧。


今はどうなってしまったのか。
ネタがないのか。
ブログのことを忘れていたのか。

いや、ネタはいっぱいある。

なんてったって、大学生ですから


断事観三昧はこの夏、アカデミックな
大学生ブログとして生まれ変わります!

え?バカデミックじゃありませんてば。アカデミックアカデミック。
失礼な。


中国関係の記事も本格的に更新しますよ〜。


posted by 鈴木 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 断事観三昧とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

断事観三昧とは。

〜ごあいさつ〜
こんにちわ。わたしは鈴木という人間です。
いろいろあって、このようになりました。どういろいろかって?まぁいろいろです。
これも何かの因縁、よかったらちょっとうろうろ、お茶でも飲んでいってください。ここはそんな感じのブログです。多分。


【断事観三昧とは?】
「無我の境地に入り、そこに現れた観念に傾き物事を決める」ということだそうで、「チベット旅行記」という著作の中で、河口慧海師がよく使っている言葉です。この本を読んで面白かったことは、ふふふ、そのうち書くかもしれません。

さて、断事観三昧。わたしがこの言葉をとらえて感じたことは

@落ち着いて、よく考えるのだな。
A瞑想みたいなものだな。
B妄想みたいなものだな。
Cあばれはっちゃくみたいなものだな。
Dお風呂に入るように、断事観三昧に入りたいものだな。

そもそもわたしは師と違い凡人であるのだし本当の意味での断事観三昧とは違っているのだろうけど、あまり気にしていません。
ま要するに、平静な心で思索したりいろいろ感じる事であろうと解釈したわけです。うん。良いではないか。

というわけでみなさんも、レッツ断事観三昧!


*なお、慧海師・仏教・チベットとはあまり関係ないブログになると思います。チベット旅行記を読んでこちらにいらした方、ごめんなさい。
posted by 鈴木 at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 断事観三昧とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。