2010年04月21日

あいうえお

楽しいぞ。楽しいぞ。
アラビア語。

あいうえおを教えてもらっている3歳児のようだぞ。
もう、10個覚えたぞ。

まずはアリフバー28個。
新学期早々28人のクラスメイトの顔と名前を覚えるがごとく。

あいうえおに比べたら、少ない少ない。
日本語の文字はほかにカタカナもあるからな。
さらに漢字もあるんだから、何がなんだかわからんぞ。
それに比べたら、
アラビア語の文字は決して
「意味不明な記号の羅列」なんかではないのだ。


まったく文字のわからない言語を
一から覚えてみる。


あなたは覚えていますか?
ひらがなを勉強していた時のことを。

「あ」なんて、どうやって覚えたらいいんざんしょ。
「し」と「く」の区別を、
「ふ」の書き方を、あなたは外国人に教えられますか?


日本語学習者は、どういう気持ちでひらがなを練習しているのか。
絵が得意ならなんとかなるかもしれないけど。

「わかんね!こんな文字覚えられない!」

anou sumimasen, shinjuku wa douyatte ikimasuka?

これでいいじゃん。話せればいいよ。
…という気持ちになるのも仕方のない話だ。


鈴木は2歳の時ひらがなをマスターしたのだが、
母曰く、
高熱で寝ていたある日、熱にもかかわらず、むっくと起きて
ひらがな積み木で遊び始めたそうな。

漢字は3歳から始めた。
アルファベットも幼稚園の頃にはマスターしていた。
だから、文字習得の苦労がわかんない。

アラビア語を始めたのは、
日本語学習者の気持ちが知りたかったから。
きっと大変な思いをして学習するんだと。
その大変な思いを、ぜひとも体験してみたかったのだが…


わかったことは、
書けるようになると、非常にうれしい気持がするということ。


だから…
ひらがなを始めたばかりの日本語学習者も、
きっと楽しいんじゃないかしら。


もちろん、うまくいかなければつらいかもしれないけど。
確実に、間違いなく、
うまく書けた時は、うれしいのだ。
ひとつひとつ覚えていく喜び。
そして、それを喜んでくれる先生や母親がいて。


いつか鈴木が、日本語を教えるひとになったなら、
きっとこの気持ちを体験したことは役に立つ。


学ぶ者の気持ちを知っている教師は、
きっと良い教師になれると思うんだ。


…というようなことまで考えが進んで行ったけれど、
それはいつか先の話で、今の鈴木は学ぶ者であります。


学ぶとは、
実に楽しいものであります。
posted by 鈴木 at 00:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ただの日記

・肯徳基のCMで豆乳を飲む女の子。どっかで見たことあると思ったら…好恵ちゃんではないか!なつかしい!
「ときめきの上海」(2002年のNHK中国語講座スキットおよびテキスト)は、鈴木の中国語学習初期のバイブル。
ああ、ろしさんは今いずこ。

・アラビア語を始めるぞ。ゼロから始める。あっさらーむ・あれいこむ(こんにちは)以外、ほんとに何もわからない。わからんぞ。わからないまま始めてみるのだよ。
上海でアラビア語学習本を買った。25元。対応した中国語はわかるけど、アラビア語の文字がさっぱりわからんからな。予習しようがないのだよ。早く始まれ春学期。NHK講座も見ることにする。
三か月でどのくらい習得できるだろう。これは、言語習得の実験なのだ。

・中国語6、申込した学生は鈴木だけらしい。「これからは中国だ!」とか言いながら、中国語2くらいまで履修したらどいつもこいつもいなくなってしまう。中国語5も全部で三人だった。でも開講された。
しかし、さすがに一人しかいないでは、中国語6の授業はナシだな…と思っていたらどっこい
中国語専攻の主任先生が、特例で開講してくれちゃった。鈴木ひとりのために!
ほほほほ、中国語の授業がマンツーマンで週2回とは、ウレシイのだ。


・今日気がついたが、あべくんの肌色はどうしてあんなに、黒糖もっちり蒸しパンのようなのだろう。本当に日本人なのだろうか。中国の南方人か、カンボジアあたりの仏像のようである。
あべくんは、この間見かけた時はズボンをはいていなかった、
ということも今日思い出した。


・小説を書こうと思っているけれど時間がない。
ちょっとした時間に、試しに構想をねってみると、それはどうも浅田次郎か清水義範の短編小説に似ているみたい。うう。でもきっとそのうち書く。


・鈴木なのに、佐藤さんと呼びかけられた。
昔、鈴木が「山田さん」のことをうっかり「いとうさん」と呼び掛けてしまったのは、二人が隣同士に座っていたから、そして髪形が似ていたから、ということで一瞬混同してしまったためであり、単に「日本で多い名字」という理由で間違えるのとは明らかに違うのである。
鈴木と佐藤は別の生き物である。
十分に注意していただきたいと思う。



posted by 鈴木 at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

ちゅうをしたくなる時。

こんにちわ。鈴木です。

2月3月は春休み…ですが、
鈴木は月間200時間ペースで毎日働いております。
休みがない。マジない。なんだこの忙しさは。

春からは3年生です。
早期卒業に向けて最後の戦いです。

春・秋の一年分の時間割を仮で組んでみましたら、専攻の単位を取るための必修授業と、専攻関係ないけど入れたかった授業が、うまい具合にまったく重ならずに組むことができました!ミラクルです!
やはり日ごろの行いがよいのでしょう。


GPA3.6以上、というのが早期卒業の条件。
A=4、B=3で成績を計算して、平均して3.6以上、ということです。
春学期は3.8でした。
今後どのくらい取れれば、3.6ラインをクリアできるのか。
エクセルでご丁寧にIF関数を使って、GPAを試算する表を作って、
秋学期は17コマもあって苦戦したし、せいぜい3.5くらいか…来学期挽回して3.6以上取れれば……などと、ちまちま計算していました。

で、ついに今日、秋学期の成績が公開されたのです!
どきどき…
どきどき…


おお!!なんだこれは!!


★GPA3.85★


何ということだ!
まさかAは取れないだろうと思っていた授業でAが取れている!
あの三段オチの先生の授業もAだ!!

感慨無量…。

始まった頃は、この授業はきっと無理だと思ってた…
成績C覚悟で、意地で履修した授業だった…
中村ちゃんと二人で、必死で頑張った…(涙)

いやーん!先生大好き!!
ちゅうしてもいい!!!!!


今日の東京、最高気温18度。
うつくしい春の空気。
鈴木は、「ちゅうをしてもいいほどうれしい」という気持ちを、
知ったのです。


ああそれにつけてもGPA3.85(はあと)
早期卒業、やったるぞー!



また一歩、野望に近づいた!!


posted by 鈴木 at 22:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

風の強い日

いつか笑って話しかけるはずの思いを
すべて
そこらじゅうに伝えて


コミュニケーション学を勉強してから
改めて自分のうたを歌ってみると、

昔の自分が作ったうたの歌詞の意味が、
また違って感じるようになりました。
そして、
自分の気がつかなかった一面をも発見するのです。

「風の強い日」は、
作った時から今までずっと、思い入れのある好きな曲だけど、
自分で言うのもなんだけど、
これを作ったひとは天才だ。
ほんとによくできたうただなあ、と思います。


TwiceUp.JPG

2月21日(日)
下北沢Mona Records
鈴木Withガモウカルテット
Open18:00 /Start19:00 (出演時間は20時すぎくらい)
Charge ¥2300 (前売¥2000)

メンバー
Key&Vo.鈴木 Bassガモウ Saxあんちゃん Per.はるか fl.吉田 Dr.中村

一年ぶりのライブです。
お時間ありましたら、ぜひお越しください。


posted by 鈴木 at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

3段オチ

大学の話をしましょうね。

異文化コミュニケーションの授業をとっています。
この授業、先生は中国人。日本語はほぼ完ぺき。
でも講義は7割方中国語によって行われます。
1割はなぜか英語です。かんべんしてくれ先生。

おまけに教科書からどんどん脱線するなど、先生のペースで高度に進行します。ついていかれません。
ふまじめな学生は脱落必須です。

だから受講している学生は少人数。しかもほとんど中国人留学生。
完全に日本語が母語なのは鈴木と、中村ちゃんだけ。
鈴木と中村ちゃんは、必死です。
必死ですが、やられぱなしではくやしいし、
鈴木は中村ちゃんを守るために先生をやっつけることもあるのだ。

まあ、そんなような楽しい授業ですね。

可憐でまじめな中村ちゃんはいじられ担当です。
鈴木はというと、落とし担当です。

(例)
先生「結婚をあせり始めるのは何歳くらいですか?はいAさん」
学生A「…に、20代後半??」
先生「不対(違う)!はい中村さん」
中村「…えーと…30歳くらい…」
先生「不対!!はい鈴木さん」

先生は確信犯です。
オトナの鈴木さんは答えを知っている。
鈴木さんは必ず落とすと、信じている。
だからいつも鈴木は、3番目におでましです。


それにしてもその質問に関しましては。


先生の求める答えと一字一句たがわず完全に一致する自信
1000%。
お聞きなさい、皆の衆!

目がキラリと光り、ややうらみを込めたトーンで鈴木は発言する。



鈴木「アラフォー」
先生「対(正解)!!」




鈴木は見事、先生の意図を満足させたので、誇らしいのではあるが、
………なぜこんなにも複雑なのだ…わたしの心よ……。


この楽しい授業はあと2回で終わり。
またね先生。
普段の「落とし担当」の功績で、成績はぜひとも「A」にしてほしい。

posted by 鈴木 at 02:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

マキさん

浅川マキが死んだ。


名古屋公演の最中に。


また、渋谷さんの好きな人がひとりいなくなってしまった。



あんたは浅川マキに似ているねと
昔、あるひとに言われた。
見せてくれた、ルピリエのちらし。
あら、ほんとだわ、と思った。

そのときの情景は、私の大事な思い出。
この人生の中でも、3番目以内には入る。

そのひとも、もうこの世にはいなくて、
でも、今でも鈴木はそのひとのことが大好きで、
新宿に行ったら必ず思い出す。


だから、


悲しいわけではないのだけれど、

なんだか、どうしていいのかわからないような
気分です。


とにかく、


マキさん、ありがとう。
posted by 鈴木 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

農民画講座のおしらせ

花柄のうし


農民画を描いてみよう!


独特の色使いやタッチ、描かれた題材に「中国文化」が生き生きと表現されている農民画。
作品の意味を知りながら描いてみると、今まで気がつかなかった中国が見えてきます。
また、生命感あふれる作品を鑑賞しカラフルな色を使って作品制作に集中することは、脳のリラックスにも効果があるようです。
中国農民画の世界、ぜひ一度体験してみませんか?



というわけで、

1月開講の農民画講座のお知らせです。
詳細はこちら(孔子学院HP

日程は1月9日、16日、30日、2月6日、20日の
全5回です。

10月スタートの受講生さんたちが引き続き受講するということで、
今期は「描き」が中心になる予定なのですが、

新受講生さん向けには作品鑑賞と解説の時間も取りたいと思っています。

見学・お問い合わせ大歓迎。

お近くの方、絵が好きな方、中国好きな方、ぜひ!
お待ちしております!


posted by 鈴木 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 金山農民画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

おやじカフェ

いつも見ているNHKワールドラジオ中国語ニュースのサイト。

(はあと)

鈴木、大喜びです。
ストライクです。


「大伯珈琲店」視頻節目というところをクリックするとニュース映像が流れます。


中国語ですが…


調べたら、池袋でもやるみたいです。
東京芸術劇場で今週と来週。

「おやじの癒し」
「おやじの微笑み」
「おやじのきらめき」

ああ…
すてき…

癒されたいので、鈴木、たぶん行ってきます。

posted by 鈴木 at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

東林寺のバサラ

こんにちわ。鈴木です。

横浜赤レンガ倉庫のイベントの記事も上海の記事も
アップできていませんよね。

…忙しいのです。


しかし、これだけはお話ししておきましょう。




上海郊外、朱ジン。
農民画院からバスターミナルへと戻る道の途中に。


巨大な寺

ビッグサンダーマウンテンではない。

東林寺。
この世界中で、一番、
みうらさんにおススメしたい寺。

2008年オープンらしい。
わびさびはありません。
金ぴかです。

入ってみると、



十大弟子が
おかしなことになっている。
(服務員がいっぱいいたので撮影できず)


十二神将も
おかしなことになっている。
(服務員が後ろを向いていたすきに撮影)


バサラ
ジャンプ系

二カッと笑ってピース。
ヒーローか。少年ジャンプの。



写真の写真

観音堂

観音堂もすごいです。
7階部分に上がれます。

手すりから身を乗り出して、光背の後ろに描かれている仏画を撮りました。

うしろ

農民画院から徒歩7分くらい。
入館料は30元です。

posted by 鈴木 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

横浜開国博で

こんにちわ。
さっき上海から帰ってきた鈴木です。

えー、何から片づければ、いーいのか、
わからないままブログを書ーいて

浮かんでは
消えてゆく

ああ、歌っている場合ではなくて。

横浜開国博のイベントに農民画も参加しますよ
の、お知らせです。

桜美林大学孔子学院HP

9月12日(土)、13日(日)
中国文化にちょっぴり詳しくなろう!をテーマに、横浜みなとみらい・赤レンガ倉庫1号館にて開催されます。

展示があるのはもちろん、農民画・色塗り体験もできます。
お時間ありましたらぜひ!
posted by 鈴木 at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 金山農民画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。