2009年08月29日

花柄の牛

こんにちわ。
日本農民画協会の鈴木です。

さて、先日の農民画体験教室。
小学生対象でしたが、参加人数が少なかったため、鈴木も挑戦させていただきました。
実は鈴木、初の農民画・色つけ体験でございましたの。

画家さんが描いた絵のモチーフを下絵として、見本を見ながら色を塗っていくわけですが、

はい、
正直言って、農民画をよく知らない頃は、

結局それってぬりえじゃね?

と、思っていたわけです。


農民画とは何ぞや。
を、知っていくと、ただのぬりえではないことがわかります。
色の塗り方にもルールというか、コツがあるのですよ。


002.JPG


これが、鈴木の作品です。
花柄の水牛。
ハスの花、見本とちょっと違ってしまいました。
細かすぎて、はみだしちゃうんだもん!!

…はみだし画家。

右下のサインは、荷梅と書いています。
鈴木の農民画家名ですのよ。おほほほ。


さて、10月からの農民画講座のチラシを載せますね。

001.JPG

第T期は締切が早いですが、それ以降もお問い合わせ可能です。
っていうか、お問い合わせしてください。


鈴木は1週間ほど上海に行ってきます。
農民画の郷、金山でも取材してきますのでお楽しみに!






posted by 鈴木 at 10:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 金山農民画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

中国農民画講座のおしらせ

大家好!

龍.JPG

みなさんこんにちわ。鈴木です。

前回、8月28日の中国農民画体験教室のお知らせをしたところですが、実は鈴木、この日本農民画協会の活動に参画しています。

桜美林大学のキャンパスの一つでもあるPFC(プラネット淵野辺キャンパス)では、中国語を始め様々な文化講座が開講しているのですが、

10月から、農民画の講座も開かれることとなりました!

講師はもちろん農民画協会の方ですが、
鈴木が全面的にサポートしております!
チラシ、近日中にUPしますね。

こちらが公開講座のHPです。


************

農民画と呼ばれる絵をご存じですか?

素朴なタッチと色使いの鮮やかさが、描かれている人物や動物を愛らしくひきたてる非常にポップな絵。

一枚一枚手書きされるこの絵は、文字通り今もたくさんの農民たちが農作業の合間に筆をとっています。

農民たちが楽しそうに農作業する様子、子供たちが遊んでいる姿、お正月の祝いの準備をする家庭の様子など、農村での日常の風景が季節感・生活感豊かに表現されています。

金山農民画は、2007年に上海市政府より無形文化遺産として認定されました。海外へも発信できる中国文化のひとつとしての役割を期待されています。

親から子へと代々受け継がれる中で花開いたこの素晴らしい民間芸術を
守り育てている、上海・金山農民画院の方々とタイアップし、日本農民画協会を設立しました。

農民画という文化を通した日中交流の可能性を拡げてゆきたいです。

日本農民画協会代表  平野理絵

***************

ねこ

びわ

10月3日から第一期、11月28日から第二期として、
土曜日14:40〜16:10 全5回の講座です。

美味しい中国茶を飲みながらいろいろな農民画を鑑賞します。

かわいいのや、芸術的なのもあれば、
なんじゃこりゃあ!!な絵もあって、おもしろいんです。

解説付きなので、気がつかなかったおもろいポイントもわかります。
どうしてこんな表現の仕方なのか、聞いてみるとけっこう理由があるんですね。

50mくらいあるトウモロコシの絵とか。
火鉢に火鉢って描いてある絵とか。
なぜ子供の股間がとんがってるのか。

ちゃんと理由があります。

トラックに農作物いっぱい積んで、町に売りに行くところを描いた絵。積み方がアンビリーバブルです。これにも理由が隠されています。

見たくなってきたでしょう?


上海・金山の農民画村で画家さんに聞いた話や写真も公開。
そして、実際に絵を描いてみる回も用意しています。

たのしみですね。


第一期の講座申し込みのの締切は9月13日となっておりますが、
それ以降もお問い合わせは可能なので、どうぞご検討ください。

予告
横浜開港博でも、9月に農民画関連のイベントがあります。
またお知らせします!
posted by 鈴木 at 15:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 金山農民画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

農民画・体験教室のお知らせ

こんにちわ。鈴木です。

夏休みの自由課題が終わってない小学生はいませんかー。
おとーさーん!おかーさーん!
来週の金曜日に、ちょっと楽しい教室がありますよ。


http://nouminga.web.fc2.com/i/event.html


中国・上海の金山農民画を鑑賞しよう!

お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、
←「よく行くところ」に日本農民画協会というのが入っています。
このHPにもいくつか農民画が載ってますから、見てみてください。


かわいいでしょう?
農民画について語らせたら、鈴木は今かなり語りますよ。

農民画との出会いについてはこちらに書いてます!

**********

「小学生のための農民画教室」

8月28日(金)JR横浜線、淵野辺駅から徒歩1分。
PFC(桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス)
問合・042-704-7075(桜美林大学生涯学習センター)

締切は過ぎていますが、事前に連絡いただければ参加できるはず。
お近くにお住まいの方は、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

  **********************

ママー!ままー!

ところで織姫が子持ちだったって知ってました??
しかもだんなが引き取って…


中国農民画を見れば、中国文化がわかる!
今後もどんどん、農民画情報をご紹介していく予定です。
どうぞよろしく。
posted by 鈴木 at 23:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 金山農民画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

みうらさんのこと

またずいぶんご無沙汰してしまいました。
鈴木です。こんにちわ。

国民栄誉賞よりも栄誉のある賞。
それは、みうらじゅん賞です。


同居人のあんちゃんはみうらさんが大好きです。
つきあってもいい。と、断言しています。
時々思い出しては、「ああ…かっこいい!」と、叫んでいます。
みうらじゅん賞をゲットするにはどうしたらよいのか悩んでいます。
ロックかロックじゃないかで議論して、前歯も折れる始末。


そんなあんちゃんが、


みうらじゅんDSイベント、当てました。


えー、DSとは、「どーかしてる」という意味です。
MJの(注・みうらじゅんのこと)DT期の(注・童貞のこと)DSな詩集や歌の数々を鑑賞する。
詩は、羽佐間道夫と野沢雅子が朗読するんです。

ええ、それはそれはファンタスティックなイベントです。
なんと、鈴木も連れてってもらえることになりました。


受付開始時間ぴったりににパルコ劇場について、整理券をもらうと
Yの7と書いてあります。

あん「ああ…Yじゃ、すごく後ろだよね…」
鈴木「いやいやわからんぞ。円形の劇場で、ぐるっとABC順かもしれないじゃないか。」
あん「そうかなあ」
鈴木「あっ。もしかして、Xから始まる席順かもよ?」

鈴木はあんちゃんを元気づけるために言ったのに、

なんと本当に座席はXから始まっていた!!

なんでわかったんやろう。エスパーだ鈴木は。
前から2列目!しかもなぜだか知らないが1列目は空席!
叫べば届くぞあんちゃん!さあ、熱い思いを込めて、「じゅーん!!」呼ぶんだ!
(叫ばなかった)


15年前、吉祥寺できちかいと言われて以来
みうらめ
と思っていた鈴木ですが、最近では、素直に思います。

みうらさんは話し方が素晴らしい。
的がずれてません。
論理的に話します。
よく考えています。
落ち着いて、ゆっくりと話します。
わかりやすいのです。
今度の金八先生は、みうらさんがやればいいと思う。


少女小説・愛するって何なの?
朗読・野沢雅子

一番感動したのはこれですかね。やっぱり。
おなかがよじれて痛いのなんのって。
泣きながら鑑賞しました。


それから、映画「色即ぜねれいしょん」の予告(みうら本人出演バージョン)もよかった。
鈴木が「ひどい…」と言ったのは、みうらさんの全然飛べてないジャンプがマジかっこよくて、感動したからです。
本当です。


その週末、みうらファン度を高めた私たちは、またもやみうらさんに会いに行きました。

吉祥寺バウスシアター。映画公開初日、舞台挨拶。
今度は前から2列目とはいかなかったけど、よく見えました。
見てて思ったのは、みーんな、すごく、
いいひとのオーラが出てたこと。


映画もすごくよかった。超さわやかな青春映画でした。(みうらさんの話なのに)
主役の子、マジでうまかったわ。ほかの役者もみんなよかった。
堀ちえみは、ルナさんに見えて仕方なかった。

というわけで、みなさんもどうぞ見てくださいね(はあと)


なぜこんなところで宣伝しているかといいますと、
鈴木もみうらじゅん賞がほしいからです。



あんちゃんと鈴木は
この願いをいつかかなえたいと思っています。
願いはかなうさ。ドリーム・カムズ・トゥルー。

何か有力な情報をお持ちの方、いらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。


以上、みうらさんのことでした。


posted by 鈴木 at 23:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

フィリピン週間(後編)

セブ島斬り込み隊長の報告をいたしましょう。

金曜日は新聞記事をテーマに3分スピーチ。
5月の「フィリピン看護士ら280人来日」の記事を選んだのは、そのまま月曜日のスピーチ2本に直結させるため。
背景も調べるから自分も詳しくなるし、スピーチの練習にもなる。
セブ島までは斬りこまない。クラスの学生にフィリピンのことを少しでも知ってもらえればと思う。

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆

月曜日の敵は250人。
行け!斬り込み隊長!!

【日本語教育学】50人クラス

「介護の日本語」という教材を調べて発表するのが課題。順番的に大トリだったので、それまでどの発表者も使用しなかったパワーポイントを使うことにする。社会人学生の底力を見せつけるのだ。ふはは。

最初のスライドは「フィリピンってどこ?」 
外務省のアジアのページに飛んで、国名をマウスオーバーすると、その国の場所が光ります。これ面白いんだよね。学生も喜んでいたもよう。
まずは背景を説明しなければいけないのも、この教材ならでは。だから教材とは関係ないけど「知人がその方面にかかわった仕事をしている」ということを自然な流れで話すことができます。
日本語教育学なので「すなわち日本語教師の需要も増えるだろう」と入れておけば問題なし!
発表終了後に、簡単にセブ島短期留学プログラムの紹介。鈴木の発表がうまくいっていれば、少なくとも「セブ島のパンフレットが置いてある」ということは記憶してくれるだろう。

【コミュニケーション学】200人クラス

希望者は、200人教室の壇上で1分スピーチにチャレンジでき、学生からそのスピーチに対する評価表をもらえる。ということで鈴木は名乗りを上げたのだが、結局当日壇上にあがった学生はたったの6人だった。しかも全員女子であった。おい男子ー、がんばれー。

この授業が宣伝部長(自称)鈴木の正念場です。セブ島短期留学プログラムの「プレゼン」ですからね。斬り込みますよう。

「コバルトブルーの美しい海。ゆっくりと時の流れる美しい島…日本から直行便で約4時間半のセブ島で、この夏、プチ留学してみませんか?」

「…セブ島はフィリピンの中央、ビサヤ諸島に属する島です。言語は、おそらく皆さん誰もご存じないと思います(←決めつけ)が、実は、フィリピンは世界で3番目に英語を使う人口の多い国なんです。だから授業はすべて英語!」
「アジアの環境や開発も英語で学べます。英語教授法も」
「現地の小学校や孤児院、企業見学も」
「豪華教授陣による講演会」
「週末は遊びまくりましょう!マリンスポーツ、アイランドハイキング…」

200人クラス、さすがに少々緊張して途中でツーステップを踏んだり(何でやねん)しましたが、スピーチはおおむねうまく行きました。
評価表はどうでしょう。これは、一学生のスピーチに対する評価であるはずですが、宣伝部長にとってはプレゼンの評価でもあるのです。どきどきです。

<評価表の返却枚数:155枚>
セブ島「プレゼン」に特にかかわる評価は次の通り。

・セブ島、行ってみたい……12人
・留学に興味があるので面白かった…5人
・プロのプレゼンのようであった(わはは)…3人
・パンフレットの内容がもっと知りたい…1人

そして

・セブ島、はじめて聞いた……3人

ちなみに、鈴木に対する評価は「前髪長い」「前髪あげろ」「暗くみえる」「こわい」……美容院に行きそびれたんじゃい!!うわーん!!
あと、「ナレーターのようであった」「ラジオの仕事に向いている」というのが意外と多くてびっくり。あたくしそんなに美声だったでしょうか??……あ、もしかして、顔が暗いから声で行けっていう励ましか(泣)

2日後、パンフレット設置場所にて確認。

…減ってる!減ってますよう!

うれしい。まじうれしい。設置場所まで来てくれたってことだもんね。いやあ、プレゼンって楽しいな。


<フィリピン週間を振り返って>
なんだか異常に忙しかった週だったけど、みに社長のために!という目標があるから楽しかった。200人教室でスピーチなんて、セブ島プログラムがなかったらチャレンジしたかどうかわかりません。
自分の経験値もアップ。成績にもプラスになると思うし、これでセブ島留学参加者も増えれば、こんなにうれしいことはあるません。
反省点は、美容院に行きそびれたこと。
大事なプレゼンには「ビジュアル」が大事やで、ということがわかりました。今後の人生のため、深く肝に銘じておきます…。


*セブ島短期留学プログラム詳細はこちら!!

posted by 鈴木 at 16:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

フィリピン週間(前編)

事の始まりは日本語教育学の授業でした。

ある日、「ここにある日本語教材からどれかひとつ選んで調べて、希望者は発表してください」という課題が出され、そのリストにあったのが、

001.JPG

「介護の日本語」という、フィリピンで使われる日本語教材。
おりしも、比からの看護師介護士280人が来日した頃でした。
それに加えて、フィリピンと言えば、どうしたってみにちゃんですよね。

だから鈴木はすぐに発表者に立候補しました。
これを調べるのは、鈴木しかいないでしょう!

みにちゃんの会社がどういう会社なのか、
なんでフィリピンなのか、全然わかっていなかったから。
少しでも、知ることができるかなと思ったから。


うちの大学は、文章表現法と口語表現法が必修科目になっています。
そのため、ほかの授業でも口頭発表の機会が多く与えられます。

それはまあいいことなのですが、この日本語教育学の授業をはさんで前後の週に、発表しなければならない授業がなんと5つも集中してしまったのです。
そのまんなかの日曜にはHSK(中国語試験)があるっていうのにぃ!


…くそぅ、負けないぞ。
見事やりとげて見せましょうぞ!


というわけでわたくし、あるプロジェクトを試みました。



セブ島留学プログラム応援切り込み隊長です!


つづく。

P8160142.JPG


posted by 鈴木 at 16:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

新・断事観三昧

012.JPG

毎日蒸し暑いですね。皆様お元気ですか。

ついこないだ記事書いたと思ったら
もう2か月もたっておったね。
忙しかったらしい。


思い返せば受験生の心のつぶやきと乙女の妄想をつぶつぶと語るブログであった断事観三昧。


今はどうなってしまったのか。
ネタがないのか。
ブログのことを忘れていたのか。

いや、ネタはいっぱいある。

なんてったって、大学生ですから


断事観三昧はこの夏、アカデミックな
大学生ブログとして生まれ変わります!

え?バカデミックじゃありませんてば。アカデミックアカデミック。
失礼な。


中国関係の記事も本格的に更新しますよ〜。


posted by 鈴木 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 断事観三昧とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

春だった。

あっらー、もう何この部屋!
窓開けて!げほげほ

いつからほったらかしなん?え?冬?
今まで何してたん?
修行に、行っていた?
ほんまかいな。

お寺の梅が満開だったのよ。うん、そこのね。
梅もいいものね。
それにしても、ずいぶん長いこと咲いてたわ。

うん、桜が咲くまで咲いとったぞ。
それにしてもあの木、ずいぶんでかくなったな。
俺がここに来たときはもっと小さい木だったぞ。

ずいぶん留守にしていたんですね。
緑道の桜は見ました?ああそう、それはよかった。
わたしはどうも昔のことを思い出しますよ。
毎年桜の花の季節になるとね。
思い出すんですよ。

であなた、またちょくちょく来ますの?
え、わからない。

来なさいよ、そんなこと言わずに。
忙しいって?忙しくてもなんでもさあ。
時々来りゃいいんだよ。ほら、葉っぱのかっぱのお宅あるだろ、あそこも1カ月に1度は必ずいらっしゃるそうだよ。
忙しいだろうになあ。そんなふうは全然見せないみたいで。
明るいひとだよ。いいひとだな。

あんたもいろいろあるだろうけど、体には気をつけてさ、そうだよ。
ああ、ああ、考えすぎない考えすぎない!
先のことはなんとかなるもんだって。本当だよ。
今はどう、うん、なら結構だ、じゃあそんなわけで、頑張れよ。
あそうだ、あんた東京物語見たことないって言ってたね。
貸してあげるよ。DVD。見れるだろ?うん。
まあ、たまにはゆっくりするのもいいもんだよ。

返すのはいつでもいいよ。
うん、じゃあそういうことで。またな。


喫煙所の桜のはなびらは舞って、舞って、
今ではもう葉っぱになってきました。
わたしもまた、新しい季節を、
すごしています。

時々になると思うけど、また来ます。
どうぞ、よろしく。

春、です。
posted by 鈴木 at 20:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ライブのお知らせ

ミッキーと言えばゴダイゴな今日この頃。皆様いかがおすごしですか。
PC不調と日々の忙しさにて、やっと自分のブログにやってまいりました・・・

とりあえず。
おしらせ。


3月10日(火)下北沢Mona Records
鈴木Withガモウカルテット
Open18:00 /Start19:00 (出演時間はお問い合わせ下さい)
Charge ¥2300 (前売¥2000)

メンバーは
Key&Vo.鈴木 Bassガモウ Saxあんちゃん Per.はるか fl.吉田 Dr.中村


最近鈴木とあんちゃんはゴダイゴが大好きなので、
今回はドラムの中村くんが孫悟空の格好でモンキーマジックをうたう予定。

♪アチャー〜!!

しかも、筋斗雲に乗っての登場!!


(嘘)


モナレコード、ステージは座敷の上?です。
ソファーにくつろぎながら、鈴木の歌声が聴けますよ♪

久しぶりのライブ。
お時間ありましたら、ぜひ。

TwiceUp.JPG写真はTwiceUpライブ。
posted by 鈴木 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

友愛戦隊アムレンジャー。

友愛戦隊アムレンジャーのうた

太陽が空にある限り
地球はいつでも愛されてる
花は咲き 鳥は空を飛ぶー
ひとは微笑み 生きるだろう

ああ 今日も愛を知らない者が
世界をうらんで 悪いことをした
だけど それはおまえのせいだけじゃないと知っているさ

ジュテーム・アターック!
叱ってやるぜ 愛の往復ビンタさ
アムール・ボンバー!
世界最強の愛で包むのさ ああ 
おまえはもう愛されている 俺たちに

シャバダバダ シャバダバダッ
ラララ シャバダバダ シャバダバダッ

ああ 今日も愛を失った者が
会社をうらんで ホームに立っている
だけど ちょっと待て俺に相談しろ場合によっては何とかなる

ボンジュール・ムッシュー!
朝まで聞くぜ おまえの言い分
トレビアン・フロマージュ!
世界最強のワインにあうつまみ 食べなさい

シャバダバダ シャバダバダッ
ラララ シャバダバダ シャバダバダッ

ジュテーム・アターック!
叱ってやるぜ 愛の往復ビンタさ
アムール・ボンバー!
世界最強の愛で包むのさ ああ 
おまえはもう愛されている 俺たちに




友愛戦隊アムレンジャーは、東京都・吉祥寺にオフィスを構えている。しかし「有限会社アムレン社」というのは仮の姿だ。

彼らの本当の活動は、友愛戦隊アムレンジャーとして敵を倒し、世界を愛情で包む事なのだ。敵は主に中央線沿線に出没するんだと思う。敵が巨大化すると難儀するが、必殺技アムール・ボンバーで大体解決する。

アムール・ボンバー!!

うっ、うわぁぁ!!光が・・・!!俺を包む・・・!!
なんだ、このあたたかい気持ちは・・・
今まで感じた事のない気持ちだ・・・これが・・・これが愛なのかぁっ!!
俺が・・・間違ってた・・・
アムレンジャー!!ありがとうアムレンジャー!!


こんな感じで。


社長(アムールレッド)は2児のパパで、とても子煩悩。
中村さん(アムールブルー)は今まで苦労してきたようで、悲しみが多かったため、ひとにはやさしくできるのだろう、ということで即採用された。
松田さん(アムールピンク)の活動はここでは言えない。


・・・とかいう妄想をかれこれ5時間くらいしていたっぽい。
もう寝る。おやすみなさい。

posted by 鈴木 at 02:46| Comment(3) | TrackBack(0) | おはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。